忍者ブログ
キャッシングの審査がどのようなものか?キャッシング審査の裏側をマル秘公開!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


キャッシングは誰でも利用できるものではありません。
キャッシングを利用するためには、各金融機関の審査にパスする必要があります。

キャッシングの審査は、申込時に記入する個人情報などで行われます。
つまりあなたの職業や年齢、住居種別、婚姻、他社利用額などから、あなたに融資できるか否か、また融資できるなら幾らぐらいの額かを審査するわけです。

審査では勤務形態や居住年数を含め、総合的に判断が行われます。

その中でも年齢や職業、電話(固定or携帯)、居住年数といった属性は特に重視される傾向があるようです。

ただ審査基準は各社によって異なるため、例えばA社の審査では落とされたが、B社ではパスするということも珍しくありません。また融資額にも差が生じることもあります。

そのため申し込み前には、各キャッシング会社をじっくり比較・検討する必要があります。

PR

キャッシングしようとする人に返済能力があるのかどうかを詳しく調べて、業者が融資の有無を決めることをキャッシング審査といいます。

キャッシングの際、融資するほうにとっても確実に回収できることが前提になりますので、審査は必要不可欠なものになります。
キャッシングの中でもカードローンは、教育ローンや住宅ローンに比べて目的を問わない分、回収できる可能性も低くなりがちです。
そのため、金利の設定も教育ローンや住宅ローンより高めに設定されています。

金利の高さに加えて、審査もしっかりしておく必要性があります。
キャッシングの審査をする時に、業者が設定しているいろいろな基準がありますが、その他によりどころとしているのが個人信用情報機関です。
利用者の個人情報を照会し、融資が可能な状況であるかを確認します。
以上のようにキャッシングの審査は、貸し倒れを防ぎ確実な融資の回収をするために必要です。


キャッシングを申し込むとき、キャッシング会社がどんな審査をするのか心配な方も多いと思います。

キャッシング業者は、利用者に返済能力が無い場合は融資を行ってはならない、と法律で制限を受けています。
ですから、キャッシング審査では、無理なく返済できる金額であるかどうかを審査されます。

収入額に対して何割まで、という審査基準が一般的ですが、キャッシング業者の中には、今までの返済実績を重視して審査するところもあります。
例えば、初めて申込した時には50万円のキャッシングを上限額と審査結果を出したキャッシング会社があるとします。

一度借りた50万円を滞ることなく完済すると、次に同じ業者にキャッシング申込をした場合には、100万円を上限額としたキャッシングを行ってくれる、といった具合です。

上述の例が、返済実績のあるキャッシング顧客に対して、審査基準を優遇しているパターンです。


キャッシングを利用すときの審査ですが、規模の小さなキャッシング会社は「スコアリング」、規模の大きなキャッシング会社は「属性モデル」という方法を主に採用しています。

スコアリングとは利用者の属性に点数をつけて、その合計点数により融資が可能かどうか、融資金額がいくらかを判断します。

属性モデルとは大手キャッシング会社では今までに申し込みをした方のかなりの数のデータを分析し、何通りもの属性のモデルに分けています。
それにより、この属性はこういう傾向がある・・という様なモデルをつくるのです。

顧客の属性をコンピューターに打ち込めば、その顧客の属性に最も似ているモデルが出てきますので、それで判断して融資が可能かどうか、融資金額がいくらかを判断します。


  HOME  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]